長いお付き合いの事務所の社長さんからお誘い頂いて、「燃えよドラゴンへの道」というミュージカルを見て来ました。リーディングの限界に挑戦したとのことですが、朗読劇という括りはすでに飛び抜け突き抜けてました。

音楽素晴らしい。ミュージシャンが演奏するピアノとパーカッションだけの伴奏で全てのシーンを表現してました。メロディーが一つ一つ印象的で歌詞とのハマりもバッチリ!

ミュージカルと聞いてイメージするのはド派手なセットと照明と煌びやかな衣装ですが、この作品の規模はすごく小さい。でも人の力で全部表現していて観客はイメージの中で補完出来るんです。

そういう意味でほんとにリーディングでしたし、リーディングミュージカルでした。とても楽しめました。


「あー、僕は録音されいつでも聞ける作品作りにばかり慣れ過ぎてた」と思いました。録音物やビデオではこの楽しさは伝わらないものだろうなと。

とても触発されました。ありがとうございました!

29日まで上演しているそうですから興味のある方は是非に!!

http://www.musical-kitchen.com/

長いお付き合いの事務所の社長さんからお誘い頂いて、「燃えよドラゴンへの道」というミュージカルを見て来ました。リーディングの限界に挑戦したとのことですが、朗読劇という括りはすでに飛び抜け突き抜けてました。

音楽素晴らしい。ミュージシャンが演奏するピアノとパーカッションだけの伴奏で全てのシーンを表現してました。メロディーが一つ一つ印象的で歌詞とのハマりもバッチリ!

ミュージカルと聞いてイメージするのはド派手なセットと照明と煌びやかな衣装ですが、この作品の規模はすごく小さい。でも人の力で全部表現していて観客はイメージの中で補完出来るんです。

そういう意味でほんとにリーディングでしたし、リーディングミュージカルでした。とても楽しめました。


「あー、僕は録音されいつでも聞ける作品作りにばかり慣れ過ぎてた」と思いました。録音物やビデオではこの楽しさは伝わらないものだろうなと。

とても触発されました。ありがとうございました!

29日まで上演しているそうですから興味のある方は是非に!!

http://www.musical-kitchen.com/

オーディオIFが先か鍵盤が先か

コンピューターで音楽を作っている人にしか分からない事を書きます。興味がある人はぜひ僕と一緒に悩んで下さい( ´ ▽ ` )ノ

表題の件が最近大変悩ましい。そんなもん迷わず鍵盤だろ!と言われそうですが、これつまりレイテンシーの改善が先か鍵盤のタッチの改善が先かという問題でして。

実際の打鍵から発音までのレイテンシーは多くはDAWのオーディオエンジンのバッファサイズに影響する訳ですが、これすなわちCPUの消費量とトレードオフな訳で、「レイテンシーを落として弾きやすく!」と調子乗ってバッファサイズを小さくすると、重量級のピアノやドラム音源鳴らしてると音切れし始めて萎える・・・という創作とは関係のないストレスが生まれちゃう訳です。

Read More

超撥水製品ブランド「water dancer products」のPR映像の音楽をナカシマヤスヒロが担当しました。撥水のイメージが変わる脅威の性能を、誇張しすぎず普通に感じられるように音作りをしました。

ついに台湾で作曲家デビュー! 台湾のアイドル「ジュリリ・ジュリラン・未来・ゴロゴロコロニー13世」(通称:ミライちゃん)の1stシングルのA面「ジュリリジュリランミライ」の作曲を担当しました。編曲は小西 貴雄さんです。

江崎グリコさんのキャラクターPV『「双子の魔法使いリコとグリ」  旅立ち篇』の音楽を私ナカシマ担当しました! Vocalは今回もテキサス州在住在住のChiiちゃん。今回もCuteです!

春らしい爽やかな曲になりました。ぜひぜひ見て聞いて、楽しんでくださいね。

日本のキッチン用品メーカー、小久保工業所さんのプロモーションビデオの音楽の作曲・ミキシングをナカシマヤスヒロが担当しました。

今回も8dio 1928 SteinwayとCinematic Strings、Symphonic SphereのHarpが大活躍でした。

パリ日本文化会館(Maison de la culture du Japon à Paris)で開催中の「蚕 - 皇室のご養蚕と古代裂、日仏絹の交流」展(KAIKO - La Sériciculture Impériale du Japon)の紹介映像の音楽に、ナカシマヤスヒロの「Cinematic」が採用されました。

監督:Masayasu Eguchi

大学生と企業をバスケットボールを通じてつなげるイベント「UBCJ」のプロモーションフィルムの編曲・整音を担当しました。

監督・作曲は俳優・映画監督の角川 裕明さん。ミュージカル映画の要素を取り入れた独特の世界観をお楽しみ下さい!

江崎グリコさんのキャラクターPV『「双子の魔法使いリコとグリ」 カプリコWショコラ篇』の音楽を私ナカシマ担当しました!

前回のポップ路線から一転、オーケストラアレンジにしてみました! Let’s share!!

I worked on TVCM of German TV Station “Pro7”. All music made by Me!!

PRO7  |  PREMIUM SELECTION

Directors Kraus & Perino  |  Client Pro7 / Sat1  |  Agency Creative Solutions  |  Prod. Company Film Deluxe  | Concept Kraus & Perino
Exec. Producer Glenn Bernstein & Christian Metrallier (B)  |  Line Producer Luca Faes  |  Prod. Coordinator Jorge Noguerales (B)  |  Prod. Manager Christina Cavanillas (B)
DoP Michael Schreitel  |  1st AC Alvaro Fernandez (B)  |  DIT Montse Montril (B)  |  Gaffer Wency Santana (T)  |  Key Grip José Hernandez (T)  | 1st AD Mar Batisdas (B)
Editor Marian Hauffe & Mike A. Kraus  |  Colorist Marian Hauffe  |  Compositing Marian Hauffe & Silas Baisch  |  Music Yasuhiro Nakashima

Load More